「お腹がすかない」の宣伝文句は本当?


酵素ドリンクの使い方として、置き換えや断食がよく勧められます。その際、「酵素ドリンクは必要な栄養が十分に入っているから、お腹がすかない。楽に断食できる。」といった宣伝文句を見かけることがあります。

しかし、誘惑に弱い食いしん坊の私としては、「ドリンクだけでお腹がすかないなんて、あるはずがない。これは誇大広告に違いない。」と思わざるを得ません。

果たして、真偽の程はどうなのでしょうか。
私の体験談として、答えは、「そこそこ本当」です。

煮え切らない回答で申し訳ないところですが、確かに全く空腹を感じないかというとそうではありません。

もちろん時間が経てばお腹はすきます。

しかし、空腹感のあるときに実際1杯飲んでみると、不思議と「あ、これでもうご飯いいや」と思えるのです。

必要な栄養素を満たしたはずだ、というプラシーボ効果もあるかもしれません。

ただ、耐えられない空腹感は、すぐにすっと収まります。

また、水分しかとっていないとは思えないほど、その状態が数時間は続きます。

お腹がすいてきたら、お菓子やパンに手を伸ばす前にに、とりあえず1杯だけ酵素ドリンクを飲んでみる。

そういう習慣を1回むりやり作ってみることで、暴食を抑え、胃を小さくし、食欲のコントロールができるようになる。

酵素ドリンクは、飲むだけで痩せるわけではないけれど、そんなふうによい習慣をつくり、太らない生活をする手助けをしてくれます。