カテゴリー別アーカイブ: 未分類

永遠のテーマ、ダイエット

ダイエットは、女性にとって一生の課題です。
なかなかダイエットは成功しないし、ダイエットに成功しても、その後、その体重を維持していくことが難しいのです。

理想は、野菜をたくさん食べ、そして時には甘いものも食べ、毎日ウォーキングや体操などができる時間があれば良いのです。

しかし現実は、仕事に追われ、子育てに追われ、ストレスが溜まり、睡眠不足になり、栄養のバランスを考える暇なく、とにかくお腹を満たすために食べる、という、体にもお肌にも悪いことをせざるを得なくなっています。

若いうちはそういう無理もなんとかこなせるのですが、歳を重ねると無理は効きません。
もっと若いうちに体のことを考えていれば良かったと思うのですが、時、すでに遅しです。

酵素ドリンクには、たくさんの成分が含まれています。
忙しいときは、手軽にバランスよく摂れる酵素ドリンクやサプリメントに助けてもらってもいいかもしれません。

一杯の味噌汁で栄養いっぱい

「一汁三菜」という言葉がありますね。
私は、この「一汁」を特に大事にしていて、必ず汁物を摂るようにしています。
そして汁物はなるべく、味噌汁にしています。

味噌に含まれる大豆イソフラボンは、美肌やダイエットにも効果があります。
そして、ダシには体内で合成できない必須アミノ酸が含まれています。

味噌汁の具は、何を入れてもおいしいですよね。
野菜たっぷりの味噌汁には、必要な栄養分のほとんどが含まれているのではないでしょうか?

冬場は、体の温め効果を増加させるために、ショウガを入れてもおいしいですよ。
ショウガは、体のエネルギー消費量を増やす働きを持っています。
冷え性の改善にも、ダイエットにも効果が期待できます。

1杯でお腹も栄養も満足できる味噌汁、お勧めです。
1つ注意したいのが作り方、味噌は入れてから沸騰させないように注意しましょう。
酵素は熱に弱いですからね。

酵素のバランスは規則正しい生活から

仕事が忙しい日が続くと、食事も時間がかからず食べられる、丼ものだったり、手軽に食べられるファーストフードに頼ってしまいます。
そういう生活を何日か続けていると、肌に吹き出物が出始めたり、体重が一気に増えたりと、目に見えて表れてきます。

消化酵素と代謝酵素のバランスが、完全に崩れているな、と感じます。
暴飲暴食、また添加物の多い食品の摂取は、必要以上に消化酵素を使ってしまいます。
消化酵素はなるべく使わず、代謝酵素を増やしていくには、食物酵素を摂り入れることです。

食物酵素が消化酵素の仕事である「消化」を手伝ってくれるので、食物酵素は積極的に摂り入れたいのです。
しかし忙しい日が続くと、なかなか野菜や果物など「生」のものを食べられないのも現実です。
しかし体に関しては、努力しなければ崩れてしまいますから、やはり規則正しい生活を身につけたいですね。

冬の食事から酵素摂取は難しい

酵素が熱に弱いということは、有名な話です。
だから、生の野菜や果物がいいということになるのですが、寒い季節に入り、果物はそのまま食べられるのですが、野菜は温野菜が欲しくなります。
メニューも全体的に温かいものが並びます。

酵素は、53度に達すると2分で失活してしまうそうです。
スープや煮物は、グツグツ火にかけるので、あっという間に失活しているのでしょうね。
しかし生野菜は、体を冷やす作用があるので、冬にたくさんの量は食べられないです。
温野菜サラダで食べるのであれば、できるだけ加熱時間を短くし、そして茹でずに、蒸すことで水溶性ビタミンの損失を最小限に抑えてくれるみたいです。

生野菜にも温野菜にもそれぞれいい点があって、ビタミン、ミネラルなど、野菜の栄養を効果的に摂るためには、温野菜、生野菜のどちらか一つだけではなく、両方を食べる必要があります。

皮ごと果物を食べちゃおう

酵素がたっぷり摂れる果物ですが、皮ごと食べるともっと栄養価が高くなることをご存知ですか?
野菜などでも、実と皮の間にたくさんの栄養分が詰まっている、と聞いたことがあります。

りんごは、皮ごと食べることも多いと思いますが、キウイはどうでしょう?
基本、包丁で半分に切って、スプーンですくって食べますよね?
皮ごとは食べたことがありません。
だって皮にうぶ毛がたくさんついているじゃないですか?
あれ、気にならないのでしょうか?舌触りとか悪そうです。

しかし、キウイの本場、ニュージーランドでは、皮ごと食べるのが普通なのだそうです。
そして実際食べてみると、果肉の酸味と皮の甘みがいい相性で、とてもおいしかったです。

実は、キウイの皮には果肉の3倍ものポリフェノールが含まれています。
多糖体も多く含むので、免疫を上げるためには欠かせない果物だそうです。
皮をむく手間も省けて、栄養価も上がるなんて嬉しいですね。

フルーツは体を冷やすってホント?

朝のフルーツが日課の私です。
子どもの頃からそうだったので、自分の子どもにもそういう習慣がついています。

大人になって、生のフルーツからたくさんの酵素が摂取できることを知り、美容にも健康にも良いものだとしり、昔、祖母が
「肌がきれいなのは、果物を毎日食べているからよ。」
と言っていた言葉は、あながちウソではないことを知りました。

果物が嫌いな人って少ないですから、手軽に食べられて、ダイエットにも美容にもつながるものなら、女性は喜んで果物を食べるでしょう。

果物は体を冷やすとも聞きますが、冷蔵庫で冷やさずに室温で食べれば、何の問題もありません。
体が冷えるのは、血液循環が悪いからなのです。
体がフルーツに慣れるまで間、一時的に寒気がすることはあっても、習慣化すれば、冷え性を改善してくれたり、正常な体温を保つのに必要なエネルギーを豊富に与えてくれます。

大麦若葉に含まれているSOD酵素

健康のために青汁を飲んでいるのですが、青汁には様々な原料、成分が含まれており、主原料に多く使われる大麦若葉には、「SOD酵素」が含まれています。

SOD酵素とは、体の活性酸素を変化させ、さびない体作りの手助けをしてくれます。
活性酸素は、健康を維持するために必要な物質ではあるのですが、ウイルスなどを退治するための強力なパワーを持っているので、必要以上に増えてしまうと、老化の促進や生活習慣病を引き起こしてしまいます。

活性酸素が増える原因は、ストレスや不規則な生活、偏った食生活などが挙げられ、現代人は、活性酸素が増えすぎている傾向にあります。

SOD酵素は、動脈硬化の原因のひとつである活性酸素を除去する力を持っているので、動脈硬化の予防にも効果があると考えられています。

また、女性には気になるお肌の悩みであるくすみやシワ、たるみなどを改善してくれる役割もあるので、期待して大麦若葉の青汁を飲みたいと思います。

果物を食べる順番が消化を左右する

ほとんどの果物には、酵素、ビタミン、ミネラル、食物繊維、
抗酸化物質を豊富に含んでいます。
酵素は、消化の働きを促し、新陳代謝を活発化させる
働きがあるので積極的に摂ってほしいものです。
私も毎朝、必ず果物を食べています。
しかし、食べ方によっては消化の良し悪しに関わってくるというから驚きです。

果物は、他の物と一緒に食べたり、食後のデザートとして食べたりすると、
消化できないまま胃に残ってしまうので、胃の中で発酵してしまうのだそうです。
小さいころから「果物はデザートだから1番最後」と教えられてきたのに、
体にとっては良くなかったとは、ショックな話です。

朝起きて、お水を飲み、胃に何の入っていないときに果物を食べ、
果物の後に他の物を食べる時は、30分~1時間程度間をあけるのが良いそうです。
また、濃縮還元された果物のジュースは、酵素が含まれていないので、
やはり生のままの果物が良いみたいです。

コーヒーに酵素が454種類!?

寒い季節になると、温かい飲み物が欲しくなります。
酵素を摂取するためには、生野菜だったり、
生のジュースが必要になります。

しかし、寒い季節に冷たい飲み物、冷たい食べ物は、
いくら健康になるからといっても、食が進みません。
体も冷えてしまい、逆に体を壊してしまいそうです。
そんなとき、酵素コーヒーが販売されていることを知りました。
酵素原料は、454種類も配合されているというのです。
454種類って、すごい数ですよね。本当に入っているの?
と疑いたくなるような数です。しかも、酵素って、熱に弱いと言われています。
お湯をたっぷり注ぐコーヒー、大丈夫なのでしょうか?
熱に大丈夫なように加工されているのなら、魅力的な商品ですよね。
コーヒーって1日に1~2杯は飲みますから、コーヒーを飲んで
リラックスしながらも、健康にも気をつけられるなら飲んでみたいコーヒーです。

消化酵素を助けるサツマイモ

中国のある村で、重さ37.5kg、直径60cm以上という、
巨大サツマイモが収穫されたそうです。
空き地に植えたもので、大きく育てるために
特別なことはしていないというから驚きです。
よっぽど、その土との相性が良かったのでしょうが、
あまりにも大きすぎて、食べられるのか不安です。
中もしっかり身が詰まっているのでしょうか?

さて、そんなサツマイモですが、蒸かすと
甘くなるのは、酵素の働きがあるからです。
アミラーゼという酵素がでんぷんを分解することにより、
麦芽糖が作られ甘みを増加させているのです。

熱に弱いとされている酵素ですが、サツマイモ・ジャガイモ・
サトイモのようなでんぷん質を多く含んだイモ類は、
加熱することによって効率よくエネルギーを摂取することができるのです。
消化酵素を助け、その分が代謝酵素にまわり、
脂肪を分解したり、排泄が促進されたりとダイエットにつながっていくのです。