塩麹でおいしく酵素もいただこう

塩麹を使った料理がたくさん出ています。
最初、塩麹ってどんなものかピンと来なくて、
店頭で並んでいる商品を見て驚いたことを覚えています。

塩麹は、塩と麹(米麹)と水で作る発酵調味料なんですね。
発酵と言えば・・・そう!酵素が含まれているのです。
この酵素、塩分で働きが半減してしまう麹菌とはちがい、
麹菌に含まれる酵素はそのまま生き続けて酵素独自の働きを続けるため、
塩麹は素材のうま味を引き出したり、やわらかさを与えてくれる発酵食品となるのです。
塩麹には、料理をやわらかく、おいしくしてくれるだけではなく、
便秘を改善してくれたり、代謝を促進してくれたり、
脳を活性化させてくれたりします。

特別なダイエットをしなくても、毎日の料理に塩麹をプラスさせるだけで、
不足しがちなカルシウムを効果的に摂取でき、
ニキビや吹き出物などのお肌トラブルが少なくなったりと、うれしい効果が得られそうです。

酵素から期待できる4つの効果

酵素には、4つの効果があると言われています。

1つめは、ダイエット効果。
酵素を効果的に摂取することで老廃物が排出され、減量につながります。

2つめは、便秘解消効果。
正しく酵素を摂り入れることで腸内環境が整い、便通がよくなります。

3つめは、美肌効果。
代謝をよくする「代謝酵素」の働きが活発になると、肌が変わり美しくなります。

4つめは、自立神経安静効果。
睡眠時に体内の酵素が働くことで、精神が安定します。

嬉しい効果ばかりなのですが、酵素って目に見えるものではないので、
本当に摂取されているのか、そして本当に酵素の働きのおかげなのか、
疑いたくなる部分もありますよね。
私も実際、酵素を信じて、生野菜を使ったサラダ、そして果物、
温度にこだわった味噌汁や納豆などを以前より多く食べるようにしたのですが、
大きな違いはありません。
でも食生活のバランスがよくなり、健康的になったのは事実です。
健康的な食事こそが、何事にもいいのかもしれません。

果物からの酵素摂取でつるつるのお肌へ

私の祖母は、肌がとってもきれいです。
私が子供の頃、祖母が若かった頃もつるつるの肌でした。
子供ながらに、「ばぁちゃんは、どうしてそんなにつるつるなの?」
と聞いた記憶があります。そしてその答えも記憶に残っています。

「果物を毎日食べているからよ。」

うちの家系では、毎朝のフルーツは欠かせないものになっていました。
祖母に育てられた母はもちろん、私たちに毎朝フルーツをつけてくれ、
母に育てられた私ももちろん、朝は当たり前にフルーツを食べます。
それが日課というか、もう習慣になっていますから、
知らず知らずのうちに酵素も摂り入れられていたようです。

果物のおかげであるかどうかは断定できませんが、
母も姉も弟も、そして私も肌はキレイな方です。
私は果物のおかげだと思っていますから、
私も子ども達に毎日、朝食にはフルーツをつけて、
「肌がきれいなのはね・・・」と代々続いてくれればいいな、
と思いながら今日もフルーツを食べます。

トマトと酵素がひとつになったサプリメント

女性にとってダイエットは、永遠のテーマですから
今までも多種多様のダイエット方法が出回り、
「痩せる」と聞けば、1度は試してみたくなり、
「簡単に痩せる」と聞けば、もっと試したくなりますよね。

そしてそのたびに効果があまり顕著に表れなかったり、
飽きてくるとそのダイエット熱も下がり、いつの間にかやめてしまっています。
そしてまた「おいしく痩せる」などと聞けば、
すぐに食いついてしまうという繰り返しです(笑)

夏野菜であるトマトがおいしい季節になりました。
食欲のないときでもトマトなら口にいれることができますよね。

このトマトダイエットが最近、話題になっているようです。
なぜ、トマトを食べると痩せるのかと言うと、
それはトマトに含まれているリコピンが、血液中にある毒素を退治して
血液をサラサラにしてくれるのだそうです。
血液の流れが良くなることで新陳代謝が活発になってカロリーを消費してくれるのです。
そんな優れもののトマトと酵素が両方摂取できるサプリメントがあるそうで、
これまたダイエット心に火が付きそうです。

夏バテを解消!酵素ドリンク

夏がやってきました。
人と会うと必ず「暑いですねー。」
この言葉しか出てこないくらい、暑い毎日です。

こう暑いと、食欲も落ちてしまいます。
しかし、食欲がないから・・・と食事をとらないのも
一層、体力を低下させてしまいますし、
エネルギーが作られない体は、回復にも時間がかかります。

食欲がないときこそ、栄養のあるものを口に入れることが大事です。
量は、少なくてもいいのです。
私は、食欲のないときは、生のサラダを食べるようにしています。
あっさりしているので、食べ始めると結構、食欲が上がったりします。
ドレッシングをいろいろ変えてみて、気分を変えています。

サラダを作る気力がないほど、バテているときは、酵素ドリンクがいいですね。
少しの量でも酵素をたっぷり補給できるし、野菜不足の解消にもなりますね。
最近では、通販でもたくさんの酵素ドリンクが販売されていますから、
上手に摂り入れて夏を乗り切りたいですね。

市販の酵素ドリンクはなぜ値段が高いのか?

ジューサーで色々な野菜や果物をミックスして、
酵素を摂り入れているのですが、
ジューサーだと遠心分離の熱によって、
酵素や食物の栄養素が失われがちになってしまうそうです。

どうせならたっぷり酵素を摂り入れたいと思うのですが、
自分で果物を切って、発酵させる
手作り酵素ドリンクは、どうもめんどうです。
かき混ぜたり、裏ごししたりしないといけないですからね。

自宅で簡単にできます!とうたっているけど、私にとっては手間です。
じゃぁ、市販の酵素ドリンクを買おう、ということになるのですが、
市販の酵素ドリンク、結構、高いですよね。毎日飲むと余計に。

なぜ、あんなに高いのかと調べてみたら、
酵素ジュースに使われている原材料が半端なく多いんですね。
100種類近く入っているものが多く、値段が高いのも納得です。
100種類の野菜や果物を入れて、家庭で作ることはできませんからね。
市販の酵素ドリンクも1度は試してみたいです。

酵素を多く含む食品を食べ始めて1ヶ月!

酵素ダイエットについては、賛否両論あると思いますが、
私は酵素を多く含む食品を気にしながら食べていたからか、
たまたま食欲が落ちる夏時期だったからかはわかりませんが、
体重が2kg減りました。

特に無理して頑張って酵素を摂り入れたわけではないのですが、
酵素を多く含む食品、例えば朝食の果物はパイナップルやバナナにしたり、
夕食時の味噌汁は、酵素が死滅しない温度で作ったり、
野菜はなるべく生のサラダで食べたりと、
それ程度の取り入れ方だったのですが、減りました。
しかし、酵素にこだわらずとも、バナナやヨーグルトは便通にいいし、
野菜は健康にいいのは皆、知っていることですよね。

だから、きっと、健康的な食生活をすれば、
自然に体も健康的になるし、
自然に酵素も摂ることができるのではないでしょうか?

無理をすると何事も長続きしません。
だから私はこれからも、酵素という言葉も
少しは気にしながら、健康的な食生活を続けていきたいと思います。

酵素洗顔を試してみました

気になっていた、酵素洗顔を試してみました。

酵素は、たんぱく質を分解する性質を持っており、
メイク汚れや毛穴の皮脂や脂分だけでなく、
肌のくすみの原因となる古い角質を取り除くことができます。

酵素は強い洗浄力を持っているため、
毎日酵素洗顔をすると、肌の丈夫な人でも肌が荒れて、
かさかさになってしまう危険性があるとのこと。
必要な角質を肌に残しておく事も大事なので、
酵素洗顔は週に1~2回程度がベストのようです。

私は、初めて酵素洗顔をするので、肌への刺激を考え、
気になっている鼻の黒ずみ部分だけを、
泡パックするようにしました。
パックってどうしても長々としまいがちなのですが、
これは、刺激が強すぎますからね。
1分くらいで洗い流しましたよ。

洗い流した後のつっぱる感じもありませんでした。
古い角質がきれいに落ちたせいか、
化粧水もしっかりしみ込んでいく感じでした。

泡立てるのに少し時間がかかるので、
休み前の夜にするのがお勧めかなと思います。

酵素で黒ずみ・角栓を解消?

酵素って本当に色んなところで使われているんですね。

先日、お店で化粧品を見ていたら、
酵素洗顔パウダーというものを見つけました。
手に取って見てみると、毛穴の黒ずみ・角栓を防いでくれる、
肌荒れ・くすみを防いでくれると書いてありました。
鼻の黒ずみが気になっている私としては、
食いつきたくなる商品でした。

しかもパウダーと書いてあるということは、
粉末ということみたいです。
酵素が入っていて粉末と言えば、
洗濯洗剤をイメージしますが、
酵素の力でタンパク質を分解・汚れを落とすわけですから同じですね。

使い方も載っていたので、サラッと読んでみましたが、
普通の洗顔料と同じように、顔をぬるま湯で濡らし、
酵素パウダーを手に取り、ぬるま湯を加えてよく泡立てるようでした。
しかし、ごしごしするのではなく、皮脂の多いTゾーンから泡をのせていき、
1分程度泡パックをして、そのまま洗い流すということでした。
これで本当に黒ずみが解消されるの?と思ってしまうので、試してみようと思います。

玄米酵素ご飯でお腹すっきり!

女性にとって、ダイエットは永遠のテーマ。
そして、出産後のぽっこりお腹は、
どうやってもペタンコになりませんよね(泣)

友達が、最近、お腹がやせたというので、
「腹筋でもしているの?」と尋ねたら、
「食べてやせているんだよー。」との答えが返ってきました。
「え?食べてやせる?何を食べているの?」と聞いてみたら、
玄米酵素ご飯を食べているのだそうです。

玄米酵素ご飯って何でしょう?
玄米ご飯は、聞いたことありますよね。

しかし、酵素って熱に弱いのに、それをどうやって
酵素を生かしたままにできるのでしょうか?

調べてみると、なかなか面倒な作業もありますが、
面倒な分、出来上がった玄米酵素ご飯には、期待してしまいそうです。

ご飯を炊くまでは、普通の白飯を炊くのと同じです。
炊けた後、ご飯を常に保温し3日間置いておきます。
2~3日後から玄米ご飯の軟化が始まるので、
1日1回かき混ぜることを忘れないようにしなくてはなりません。

これを忘れず続けると、1週間経っても
腐敗することのない玄米酵素ご飯が食べられるのです。