植物発酵エキス入り乳酸飲料

家には置き薬があって、4ヶ月に1回、担当者さんがやって来て、
薬が減っていたら補充、交換などをしてくれています。
薬の他にも栄養ドリンクや青汁、黒酢なども販売しています。
今日のセールスは、酵素飲料でした。

成分は、「植物性乳酸菌K-1」、お米から生まれた乳酸菌です。
そして、「乳酸菌フェカリスFK-23株」、耳にあまりしたことがない名前ですが、
人間の体内に存在する菌の一種で、加熱殺菌して体内に取り入れることで
善玉菌が有効に作用するみたいです。
そして、58種類の野菜やフルーツから生まれた「食物発酵エキス」と
ポリフェノールを多く含んだ「黒生姜エキス」が入っています。

味はヤクルトを少し薄めたような感じで、子どもから大人、
年配の方まで飲みやすい味になっていました。
食生活が不規則だったり、野菜不足が気になる人は、
こういう酵素飲料は、手軽でいいですね。

納豆に含まれているナットウキナーゼ

発酵食品には多くの酵素が含まれています。
納豆は、代表的な食べ物ですね。
納豆は1年中店頭に並んでいるので、
いつでも食べられるものだと思っていましたが、
秋の旬野菜として、並んでいるのを見て驚きました。
大豆って秋が旬だったんですね。

大豆は、良質のたんぱく質食品です。
ビタミンB1が豊富です。
ビタミンB1が不足すると、糖質の燃焼を妨げ、
乳酸など疲労物質が溜まりやすくなるので、
疲労時には意識して食べたい食品です。

そして納豆には、整腸作用や免疫増強作用のある
納豆菌や血栓を溶かす酵素、「ナットウキナーゼ」が含まれています。
ナットウキナーゼは、夕食後や就寝前に摂取するのが
最も効果的だと言われています。
血栓は、深夜から早朝にかけて出来やすいからです。

40代以上の人、ストレスの多い人、高血圧の人、
高脂血症や糖尿病などで血液粘性の高い人は、
定期的に摂取するといいですね。

おうちで簡単グリーンスムージー

美容効果が期待できる、グリーンスムージーが今、はやっているそうですね。
グリーンスムージーは、果物と青物野菜をジューサーにかけて飲む、野菜ジュースです。
ジューサーにかけることで、野菜の細胞壁内に閉じ込められている
栄養素を摂りこむことができます。
この栄養素には、果糖・ビタミン・ミネラル・酵素などが含まれています。
普通に野菜を食べてもこれらの栄養素は摂れますが、
ジューサーにかけることで、手軽に摂りこめるという点で、はやっているそうです。

しかし、ジューサーにするまでの野菜や果物を
カットすることが、結構面倒だったりしませんか?
野菜や果物をたくさん摂り入れたいですが、
長期間の保存はできませんし、たくさんの量は、
腐らせてしまう原因にもなります。

そんなグリーンスムージーをもっと手軽に作れるように、
カットした野菜・果物を冷凍パックして届けてくれる
サービスがあるのをご存知でしょうか?
1杯分を真空パックにしてくれているので、
カットする手間もいらず、水を入れ、
ミキサーすれば出来上がりです。
毎日飲むものであれば、手軽さが1番ですから
このようなサービスは助かります。

酵素はダイエットだけじゃない

酵素といえば、ダイエットのイメージが強いですが、
最近では酵素の効能が色々と言われていますね。

酵素の発酵力で、内臓のはたきが良くなり、血液がサラサラになったり、
疲れにくい体になったりと、体質の改善が見られたり、
洗浄効果で皮脂や汚れが分解され、美肌になったり、
基礎代謝、免疫力もアップ、冷えや肩こりまで解消されるなど、
身体にとって良いこと尽くしです。

酵素という、目には見えない物質のため、
効果を実感できると嬉しさも一入です。

私は、食事の前に生野菜を食べるという方法で、
酵素摂取を心がけているのですが、
毎日それを日課にしていると、生野菜が無い日は、
なんだか物足りなく感じます。生野菜は、酵素摂取だけでなく、
食事の前に食べることで吸収率も良くなり、
野菜の水分が体にしみわたっていき、食後に喉が渇いたりしません。
体のリズムが随分、良くなりました。

1回の食事に必要な生野菜の割合

食事の最初に、生野菜のサラダを食べるようにしています。
他の物の消化を助けてくれる上に、満腹感を味わえ、
メインの食べ過ぎを防止してくれます。
メインのものは、どうしても脂っこくなったり、
味が濃くなったりして、喉が乾いてしまいます。
食事の前後1時間くらいは、水を飲まない方が良いみたいです。
ですから、喉の渇かない食事をすることはとても大事なのです。

理想は、加熱したものや、加工したものは、食事の30%にして、
残りの70%を水分の多い、生野菜にすると良いと言われています。
70%が野菜って、すごくないですか?
うちは1回の食事に、せいぜい食べても20%の生野菜ですね。

歳を重ねるごとに、脂っこいものはそんなに食べたくなくなってきてはいますが、
70%はなかなか食べられませんよね。
できる範囲で生野菜の割合を増やして、1回の食事ではなく、
1日3食を合わせて70%になるくらいで頑張っていきましょう。

酸化すると酵素は弱い

酵素を摂るにあたって、熱を加えない、生で食べるのが良いというのは、
耳にタコができるくらい聞きました。
そして生野菜や果物に含まれる酵素を、さらに無駄なく
効率よく摂る方法が、すりおろすことです。
すりおろすことによって、野菜や果物の細胞が壊され、
酵素が細胞の外に出てきて、活発に働いてくれます。
消化吸収も良くなります。

大根おろしが1番に挙げられますね。
そのほか、人参や玉ねぎなども、コレステロールや中性脂肪を抑え、
動脈硬化などの生活習慣病を防ぐ酵素が含まれています。
これもすりおろせば、効果的です。
ただ、注意が必要なのは、生野菜や果物の酵素は、
空気に触れると酸化しやすく、ビタミンや酵素がすぐ失われてしまうので、
食べる直前にすりおろすのがベストです。
りんごのすりおろしが典型的ですよね。
酸化すると茶色くなってしまいますよね。
新鮮なうちに酵素をたっぷりいただきましょう。

ダイエットに大切な時間

どんなダイエットでも、基本になる大切なことは、規則正しい生活をすることです。
規則正しい生活が、食にも体にも美容にも関わってきます。
一般的には、朝起きて、仕事をして、家に帰ってくるまではみなさん、
さほど変わらない生活だと思うのです。
大きく変わるのが夜遅くの食事、夜食だと思います。

体の栄養吸収や、肌の代謝というのは、人が寝ている時間に行われます。
時間帯で言うと、午後8時から午前4時くらいまでですね。
その体にとって大切な時間帯に起きていると、栄養吸収が行われなかったり、
また夜食などを摂取してしまうと、食べ物を消化するために
消化酵素が活動せざるを得なくなり、胃にも負担がかかってしまい、
消化不良を起こし、体調を崩し、肌のバランスも崩れてしまいます。

しっかり睡眠を取り、食事の時間も夜遅くを防ぐだけで、心も体も健康的になれるのです。
まずは、夜の時間を今一度見直してみましょう。

断食とファスティングダイエットの違い

酵素ダイエットを始める時、よく耳にするのが
「断食」と「ファスティングダイエット」です。

断食とは、字のごとく、食を断つことです。
水分のみを補給して食物はとりません。

ファスティングダイエットとは、固形物を一切取らない方法です。
断食との違いは、体が必要とする栄養素は、
酵素ドリンクによって摂取するということです。
必要な栄養素を摂るので、身体に負担を
かけずにダイエットができます。

酵素ドリンクだけで大丈夫なのかしら?
と心配になりますが、人は食物を食べると、
胃で消化分解されて腸で栄養素が体に取り込まれます。

食事をしてから消化吸収まで8時間ほどかかる間に、
また食物が胃に入ってくると、胃や腸は休む暇がありません。
胃や腸を休息させて、老廃物を排出し、
本来持っている免疫効果を取り戻すことで、
デトックス効果を期待できるわけです。

お茶にも酵素が深く関わっていた

日本人にとって欠かせないお茶。
食事や水分補給時には、必ずと言っていいほど飲んでいます。

お茶には、様々な効能や効果があります。
お茶を飲むことによって、善玉コレステロールが体内に増え、
動脈硬化や脳卒中の予防になります。
お茶に含まれているフッ素が、虫歯を予防してくれます。
お茶の殺菌作用で口臭も予防してくれます。
緑茶のカフェインは、眠気を覚ましてくれますね。
抹茶や煎茶にはビタミンCが豊富なので、
イライラなどのストレスも解消してくれます。

これらお茶には様々な種類があり、味も楽しめるほど、豊富です。
しかし、その原料となる茶葉の木は、
ウーロン茶や紅茶の原料と同じなのです。
生の茶葉には、茶の葉を発酵させる酵素が自然に付着しています。
その酵素は、茶葉に含まれる「タンニン」を栄養として増殖し、
その結果、茶葉を発酵させます。お茶を製造する過程で、
その酵素を増殖させて茶葉を発酵させるか、
酵素の働きを停止させて発酵を止めるか、
の違いから、緑茶やウーロン茶、紅茶などに分別されるのです。
毎日のお茶にも酵素が深く関わっているのですね。

痩せるのは酵素のおかげ?

酵素がダイエットに効果があるか、ないかについては、
様々な意見が出ています。

酵素ドリンクを販売している会社はもちろん、
酵素で痩せると謳っていますが、
科学的に効果がないと解説している人もいます。

同じダイエットをしても、痩せる人、痩せない人が
いますから一概にどちらとは言えません。
体質もあるでしょう。

ただ一つ言えるのは、酵素云々は別として、
健康的な食事は、健康的に痩せるということです。

酵素が多く含まれている食品を見てみると、
果物や野菜、納豆などの発酵食品が上げられます。
健康的なものが多いですよね。
これらをバランスよく摂ると、
自然に体のバランスも良くなるのではないでしょうか。
ダイエットに効果があると言われているものには、
何かしらいいという訳があります。
自分に合った健康食品を見つけて、
健康的に痩せていきましょう。