消化に深く関わっている酵素


人間が生きていくのに欠かすことができない酵素ですが、
何気に行っている呼吸や運動、考えることなどの動きもまた、
酵素の力がなくては、行えないものとなっています。

私たちは、食べ物を食べる時、口の中で咀嚼します。
この時に唾液が分泌されますが、
この唾液の中にもアミラーゼという酵素が含まれています。
口の中ですでに食べ物の消化が始まっているのです。

その後、食道を通って、胃の中では、ペプシン・ペプチターゼという
酵素がタンパク質を分解、腸でも消化され・・・と消化が進んでいくのですが、
その一つ一つの段階でも酵素が関わってきますし、
消化されたものを吸収し、それを体全体に運ぶ働きにも酵素が関わってきます。

さらに、運ばれた栄養素をもとに、体内の細胞を作り上げるのにも
酵素が必要ですし、毒素を排出し、免疫力や自然治癒力を高めるのにも酵素が必要です。
酵素がなければ、健康でいることはおろか、生きていくこともできないのです。