お茶にも酵素が深く関わっていた


日本人にとって欠かせないお茶。
食事や水分補給時には、必ずと言っていいほど飲んでいます。

お茶には、様々な効能や効果があります。
お茶を飲むことによって、善玉コレステロールが体内に増え、
動脈硬化や脳卒中の予防になります。
お茶に含まれているフッ素が、虫歯を予防してくれます。
お茶の殺菌作用で口臭も予防してくれます。
緑茶のカフェインは、眠気を覚ましてくれますね。
抹茶や煎茶にはビタミンCが豊富なので、
イライラなどのストレスも解消してくれます。

これらお茶には様々な種類があり、味も楽しめるほど、豊富です。
しかし、その原料となる茶葉の木は、
ウーロン茶や紅茶の原料と同じなのです。
生の茶葉には、茶の葉を発酵させる酵素が自然に付着しています。
その酵素は、茶葉に含まれる「タンニン」を栄養として増殖し、
その結果、茶葉を発酵させます。お茶を製造する過程で、
その酵素を増殖させて茶葉を発酵させるか、
酵素の働きを停止させて発酵を止めるか、
の違いから、緑茶やウーロン茶、紅茶などに分別されるのです。
毎日のお茶にも酵素が深く関わっているのですね。