1回の食事に必要な生野菜の割合


食事の最初に、生野菜のサラダを食べるようにしています。
他の物の消化を助けてくれる上に、満腹感を味わえ、
メインの食べ過ぎを防止してくれます。
メインのものは、どうしても脂っこくなったり、
味が濃くなったりして、喉が乾いてしまいます。
食事の前後1時間くらいは、水を飲まない方が良いみたいです。
ですから、喉の渇かない食事をすることはとても大事なのです。

理想は、加熱したものや、加工したものは、食事の30%にして、
残りの70%を水分の多い、生野菜にすると良いと言われています。
70%が野菜って、すごくないですか?
うちは1回の食事に、せいぜい食べても20%の生野菜ですね。

歳を重ねるごとに、脂っこいものはそんなに食べたくなくなってきてはいますが、
70%はなかなか食べられませんよね。
できる範囲で生野菜の割合を増やして、1回の食事ではなく、
1日3食を合わせて70%になるくらいで頑張っていきましょう。