納豆に含まれているナットウキナーゼ


発酵食品には多くの酵素が含まれています。
納豆は、代表的な食べ物ですね。
納豆は1年中店頭に並んでいるので、
いつでも食べられるものだと思っていましたが、
秋の旬野菜として、並んでいるのを見て驚きました。
大豆って秋が旬だったんですね。

大豆は、良質のたんぱく質食品です。
ビタミンB1が豊富です。
ビタミンB1が不足すると、糖質の燃焼を妨げ、
乳酸など疲労物質が溜まりやすくなるので、
疲労時には意識して食べたい食品です。

そして納豆には、整腸作用や免疫増強作用のある
納豆菌や血栓を溶かす酵素、「ナットウキナーゼ」が含まれています。
ナットウキナーゼは、夕食後や就寝前に摂取するのが
最も効果的だと言われています。
血栓は、深夜から早朝にかけて出来やすいからです。

40代以上の人、ストレスの多い人、高血圧の人、
高脂血症や糖尿病などで血液粘性の高い人は、
定期的に摂取するといいですね。